1. HOME
  2. 古典柄の文様-御所車(ごしょぐるま)-

文様とは調度品、器物、衣服などに描かれた図柄のことをいいます。着物の場合は主に友禅染などによって着物の表地に描かれます。文様には色々な思いや願いがこめられています。その意味などを知ると着物を着たときの思いはいっそう、深くなるでしょう。

古典柄-御所車

 平安時代、貴族の人たちが外出するときに牛に引かせて乗った車を牛車と言いました。また、御所に出入りをしたりする高貴な人たちが乗った車を御所車と呼び、外観は美しく豪華に装飾されてたといいます。通常、文様化されるときは人や牛は描かれないことが多いです。振袖などの晴れ着に文様化されて描かれることが多く代表的な古典の柄となっています。また、御所車の車輪のみを文様かされたものを源氏車と呼びます。

古典柄の振袖-御所車
古典柄-御所車