1. HOME
  2. ブログ
  3. 着物の種類
  4. 着物の生地はどれがいい?正絹・ポリエステル・木綿・麻・ウールの違い 

着物の生地はどれがいい?正絹・ポリエステル・木綿・麻・ウールの違い 

生地

正絹に木綿、ウールと着物には色々な素材が使われていますよね。着物の種類は生地でも分類できます。今回は着物を着る場合に知っておきたい着物の生地の種類をご紹介していきます。

着物の生地の種類

着物の生地の種類は多種多様に存在しますが、今回はそのなかでも主流の5つの生地をメリット、デメリットと分けてご紹介します。

今回説明するのは以下の5つです。

  • ポリエステル
  • 木綿
  • ウール

それぞれのメリット・デメリット

絹、正絹(しょうけん)

絹

柔らかで光沢のある絹は、着物素材の中で最上級の位置づけです。同じ絹でも糸の撚り(より)方や織り方によって、羽二重(はぶたえ)、縮緬(ちりめん)、お召し、紬など生地の種類があります。同じ織物なら他の糸で織った生地より絹で作られた着物が格上。付下げ、訪問着以上の高級着物には絹が多く使われます。

絹のメリット

  • 着心地がいい
  • 着付がしやすい
  • 保湿性、通気性がよく、夏涼しく、冬は暖かい
  • 手触り、肌触りなどが良い
  • ポリエステルと比べると静電気が起きにくい
  • 高級感がある
  • 風合いがよい

絹のデメリット

  • 値段が高い。気楽に買えない
  • 自宅で洗えない
  • 雨に濡れるとシミになる
  • 虫食いやシミ、変色など保管にも気をつかう

ポリエステル

ポリエステル

化学繊維のポリエステルは、天然繊維より強度があって汚れに強く、自宅で洗うことができます。トロミのある素材で、「やわらかもの」(付下げや訪問着、振袖、小紋、色無地など格の高い着物)にも用いられます。扱いやすく価格も安いので、着物初心者におすすめの着物です。また、以前は通気性が悪かったですが、改良を重ねられて通気性もよくなり、正絹と比べてもわからないくらいになりました。

ポリエステルのメリット

  • 値段が安い
  • 自宅でも洗える
  • シミになりにくい

ポリエステルのデメリット

  • 手触り、肌触りなどが(どちらかというと)絹より悪い
  • ポリエステルと比べると静電気が起きやすい

木綿

木綿

繊維が太く丈夫な木綿で作られた着物は、普段着用です。先染めした糸を織る「絣(つむぎ)」や「絣(かすり)」も、絹で織った場合は洒落着、木綿なら実用着になります。木綿は吸湿性・通気性に優れ、肌触りが良いので、単(ひとえ)の着物によく用いられます。夏の浴衣も木綿が多く用いられます。

木綿のメリット

  • 洗っても生地が傷みにくい
  • 汗の吸収性が高い
  • 肌触りがよい

木綿のデメリット

  • 太陽光に当たりすぎると黄変しやすい
  • 普段着の着物にしか使えない

麻

薄手で張りのある麻の着物は、夏の普段着用です。麻の中でも細く上質な麻糸で織った生地は「上布」と呼ばれる高級品。格はあくまでも普段着ですが、高価な嗜好品なので趣味の会などに街着として着て行くことができます。

麻のメリット

  • 通気性にとても優れている

麻のデメリット

  • 色落ちがしやすい
  • シワになりやすい

ウール、羊毛

ウール、羊毛

厚手の毛織物であるウールは、冬場の普段着に多く用いられます(一部サマーウールと呼ばれる薄手の夏物もあります)。丈夫でシワになりにくく汚れに強いので、気軽に着ることのできる着物です。

ウール・羊毛のメリット

  • 汚れやシワがつきにくい
  • 価格が安め
  • 気軽に洗濯(お手入れ)できる
  • ふんわりとした優しい素材感もある

ウール・羊毛のデメリット

  • 虫に食われやすい
  • お湯に弱い(縮んでしまう)

まとめ

着物を着る際に生地まで考えることは少ないかもしれませんが、生地のメリット・デメリットを知っておくと自分が着るときに快適に過ごしやすいですし、お手入れ方法もわかりやすいです。そのため、生地のメリットデメリットを知って着物を楽しく着こなしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。