1. HOME
  2. ブログ
  3. 着物の種類
  4. 振袖を着るときに知っておきたい着物の格

振袖を着るときに知っておきたい着物の格

着物を着た女性

和装には「格」というものが存在します。格によってTPOに合った着物の選び方、帯や小物とのコーディネートの良し悪しが決まってくることもございます。振袖は成人式や結婚式でお召しになる方が多いですが、TPOに合っているのか、自分がお召しになる振袖と小物の格が合っているかを確認して、TPOにあった振袖・着物を選ばれ、着物をかしこく着こなしましょう。

振袖は着物の格のなかでどの位置にあるの?

振袖の格をまずは確認してみましょう。

上から順に礼装着(第一礼装)→略礼装着(準礼装着)→外出着→街着・普段着・浴衣というように並んでいます。どんな時に着るのかも記載しておきますね。

  • 礼装着(第一礼装) :礼装着は、特別な時や公的な儀式などに着るものです。

ちなみに、未婚女性の第一礼装着は花嫁衣裳や本振袖の五つ紋付です。つまり結婚式には独身最後の晴れ姿で臨むわけです。

  • 略礼装着(準礼装着):略礼装着は、礼装着に次ぐ格です。華やかさもあって、入学式や結婚式の披露宴、初釜などに用います。
  • 外出着       :外出着は、少し格があるものから趣味として楽しむものまで、一番応用範囲が多いグループです。

逆に言えばTPOにあわせて微妙な調整が楽しめるグループです。

街着・普段着・浴衣 :街着(まちぎ)や普段着、浴衣(ゆかた)は、ちょっとした外出などの場合に適しています。

これを踏まえて振袖を確認してみましょう。

礼装着(第一礼装)

打掛、黒留袖、本振袖、喪服など

略礼装着(準礼装着)

色留袖、訪問着、振袖、色無地、江戸小紋の紋付など

外出着

付け下げ、付け下げ小紋、小紋(友禅)、小紋、紬の訪問着、無地の紬、絞り、お召、更紗など

街着・普段着・浴衣

紬、絣、黄八丈、ウール、銘仙、木綿、浴衣

本振袖(ほんふりそで)

未婚女性の第一礼装のきものです。華麗な絵羽模様と長い袖が特徴です。総模様で、袖が長いほど格調が高く、本振袖(大振袖ともいい、袖の長さは三尺三寸〜三尺 約124〜114cm)は、花嫁衣裳をはじめ成人式や披露宴に用いられます。

振袖(ふりそで)

未婚女性の礼装着で、華麗な絵羽模様と長い袖が特徴です。中振袖(二尺五寸〜六寸 約95〜99cm)はパーティーなどに、小振袖(二尺〜二尺三寸)は茶会や気軽なパーティーなどに用いられます。

本振袖と振袖の違いは「袖の長さ」です。また、総模様になるとさらに格が上がっていくということになります。

袖の長さを比較してみますとこのような違いが出ます。

袴 袴

※左から順番に中振袖、小振袖

それでは、振袖はどのようなシーンに合うのでしょうか。

シーン別着物

成人式、結婚式や披露宴、初詣など御めでたいときにはやはり華やかな振袖を着ることが多いようです。成人式は体格的に日本人が背が低かったため中振袖を着られることが多かったようですが、最近では背の高い方に合わせて大振袖を着られるようになったようです(大振袖は下に引きずるように着付けるくらいの長さです)。

ちなみに、上記に卒業式が入っていませんが理由があります。

袴の文化が本格的に根付いたのは明治22年。女生徒が学校に行くようになった際にどのような格好で通うのかが議論となりました。当時の学校は、いすに座って授業を受ける欧米式。従来の着物に帯というスタイルでは、帯や裾が乱れやすいという問題があり、袴で学校に通うスタイルが確立しました。その後、だんだんと袴文化は廃れていきましたが、卒業式で「袴」という文化が残り、今のスタイルになっています。

そのため、「格」を考えた時代には「卒業式=袴」という文化はないので記載していないということになります。袖の長さとしては小振袖の長さが一般的ではありますが、大振袖を着ても問題にはなりません。また、卒業式に成人式で着られた振袖を活用しようとされる方もいらっしゃいますが基本的には問題ありません。

ただし、成人式の振袖を合わせる場合に注意していただきたいのは、その袖の長さです。足元まである袖を引きずったり汚したりしないよう、気を配って動く必要があります。卒業式からそのまま袴を着て謝恩会に参加する場合なども注意してください。

成人式で着た振袖は、袴用の二尺袖に比べて身丈が長いもの。袴から着物が出ないよう着付けなければなりませんので、慣れている方や専門家に着付けてもらったほうが安心でしょう。

着物は、基本的に「装いとしてのバランス」と「周りとのバランス」を考えて選ぶとよいです。 前者は、何に何を合わせればいいのかという観点から見たバランスです。このバランスは、「格のバランス」と「色柄のバランス」に分けられます。 そして後者は、周りの方や特に主催者、招待してくださった方の立場を考えながらセレクトしていくことが必要という意味です。 着物のコーディネートをうまく完成させるには、両者のバランスを保っていくことが必要となります。

着物と帯の格を合わせる

帯

帯を選ぶ際には着物と格を合わせることが大事になります。着物がよくても帯とバランスが合っていなければ全体の格や雰囲気が崩れてしまいます。今回は振袖を中心に説明をしていきますが、そのほかの際にも対応できるよう全体の格を確認してください。

着物に合わせる帯の格を順に説明すると以下のようになります。

袋帯=「丸帯」「袋帯」

名古屋帯=「九寸名古屋帯」「京袋帯」「八寸名古屋帯」

半巾帯=「小袋半巾帯」「単衣半巾帯」

最上格(礼装)

↓―◎丸帯

↓―◎袋帯

↓―◎九寸名古屋帯

↓―◎京袋帯

↓―◎八寸名古屋帯

↓―◎小袋半巾帯

↓―◎単衣半巾帯

最下格(普段)

帯と着物の合わせ

振袖には袋帯が一般的です。袋帯は幅約31cm×長さ約4m30cm以上の帯のことを差します。もともとは表と裏を袋状に織り上げていたため「袋帯」と言われていたようです。そのため、振袖に合わせる帯を購入する際には別の帯を買ってしまわないように注意しましょう。

小物の格

和装小物

小物にも格はあります。最高級の着物に合わせる小物が安っぽくなってしまうと全体のまとまりが悪くなってしまいます。振袖を自分のお気に入りの小物を合わせたいときには下の表をご確認くださいませ。セットで買う、購入すれば簡単ではありますが、ご自分の好きなものを取り合わせてオリジナルのコーディネートをすればもっと成人式や結婚式がかけがえのない思い出深いものとなるでしょう。

小物と着物の合わせ

まとめ

今回は着物の格とそれに合わせた帯と小物の合わせに関して説明させていただきました。シーンなどに合わせて着物の使い分けは必要になってきます。そのため、難しく考えずまずはご相談いただけますと幸いです。お客様がお気に召す振袖を見つけられるよう私どもも精一杯尽くさせていただきます。振袖や小物のことでお困りのことがあれば京都室町なないろやにお越しくださいませ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。