1. HOME
  2. ブログ
  3. 着物の種類
  4. 古典柄って何?着物を楽しく着るための基礎知識

古典柄って何?着物を楽しく着るための基礎知識

着物と扇子と鞠

昔から受け継がれてきた着物や振袖の「古典柄」。日本の伝統と格式を誇る色と柄は、お祝い事など節目ごとに大事な役割を果たしてきました。時代を超えて愛される古典柄にはどのような柄があるのでしょうか。今回は古典柄の種類と季節によって柄が選べるような説明をしていきます。ぜひ、着物や振袖を選ばれる際に参考にされてくださいね。

古典柄の着物を着てみよう

いろんな着物が流行っていますが、やはり着物といえば「古典柄」の着物です。
着物以外にもファッションで取り入れられていたり、モチーフになっているものもあるので知っておくとよいでしょう。古典柄の名称やその由来を知っておくと、着物を着ることがもっと楽しくなりますよ。

古典柄には、歴史的伝説に基づくものや宗教上の信仰によるものがあります。 魔除けや厄除けといった無病息災としての意味も込められています。

振袖にも使われる古典柄「吉祥文様」

御所車

「吉祥文様(きっしょうもんよう)」というものをご存じでしょうか。
「おめでたい」「縁起が良い」という意味を表現した古典柄文様は吉祥文様と呼ばれています。主に婚礼衣装や晴れ着など、お祝い事、式典の際の礼装としての着物、振袖や留袖に使われる文様になります。日本で縁起が良いとされるモチーフを表したものなど多数あります。
例えば、「松竹梅」なら、「歳寒の三友(さいかんのさんゆう)」とも呼ばれ、吉祥文様の代表格です。着物の柄でもおなじみの吉祥文様としては、松竹梅のほかにも、鶴、亀、鳳凰、龍、宝尽くしなどがあります。

中国からの古典柄「有職文様」

「有職文様(ゆうそくもんよう)」の「有職」とは、平安時代に宮中の儀式や行事にたずさわる学者ほか知識層のことを有識者とよび、格調ある伝統的な文様です。平安時代以来、中国から伝来し日本に定着した模様になり、格調ある伝統的な文様です。時の経過とともにさらにその上品な 美しさ、雅やかさが進化して、現在の美しい有職文様となりました。

代表的なものでは、

  • 立涌(たてわく)
  • 丸文(まるもん)
  • 菱文(ひしもん)
  • 花菱(はなびし)
  • 襷文(たすき文)
  • 七宝(しっぽう)
  • 唐草文(からくさもん)

などがあります。

季節で古典柄を選んでみよう

ほかの国にはない四季が日本には存在します。そのため季節の移り変わりに敏感な日本人は四季に合わせ、着物の文様も移り変わります。今回は四季に合わせた古典柄の紹介もしていきます。

季節的に春の文様は花が多いですね。旧暦の春のため、1月~3月くらいの花が文様となっているので注意してください。

春の古典柄の文様は梅、桜、椿、遠州椿、牡丹が一般的です。文様の花は一緒でも着物によって文様は変わるので好きな花の着物や振袖を集めるのもおしゃれですね。

夏の古典柄文様で多いのは、藤、アジサイ、菖蒲あやめ、柳、もみじ、とんぼ、若竹。桃色や橙色などの暖色よりはさわやかな色合いのものがお似合いです。

秋は撫子、萩、桔梗、ススキの柄が主になります。柄も落ち着いた柄が多いですが、色合いも派手なものではなくシックな色合いのものが大半です。

冬の古典柄は菊、まんじゅう菊、南天、松など可愛らしいものがあります。なかでもまんじゅう菊はふんわりした形のため可愛らしいですね。振袖でよく使われる古典柄は菊です。

いろんな古典柄

古典柄-花-

花をモチーフにした独創的な古典柄は先ほどの四季の花以外にも存在します。辻が花や華文・花文、花丸文、花の本は可愛らしいなかにも気品さと上品さが現れていますね。辻が花は絞り染めや手書き染めによく使われる古典柄のため単体で「辻が花の着物」と呼ばれることもあります。

古典柄-生き物-

「鶴」や「鳳凰」は不老長寿を願うものとしてお祝い事に好まれる文様です。「鶴は千年、亀は万年」ということわざがあるように、長寿の象徴とされており、また、おめでたいことの起こる前兆で現れる「瑞鳥(ずいちょう)」であるとも言われています。
「蝶」はさなぎから成長して飛び立つ様子が、女性の成長を願うことも意味しています。蝶は“長”の字にもかけており、ひらひらと華やかに舞う蝶も不老長寿を願うものとして用いられています。うさぎやオシドリなどがいる着物もあるのでぜひ探してみて下さね。

平安時代、貴族の人たちが外出するときに牛に引かせて乗った車を牛車と言いました。また、御所に出入りをしたりする高貴な人たちが乗った車を御所車と呼び、外観は美しく豪華に装飾されてたといいます。通常、文様化されるときは人や牛は描かれないことが多いです。振袖などの晴れ着に文様化されて描かれることが多く代表的な古典の柄となっています。

古典柄-人-

和服には人をモデルにした古典柄も多くあります。人によって好き嫌いの好みがあるようですが、個性的に着こなしたいですね。

古典柄-物-

短冊や扇、鼓など物に関する古典柄も数多く存在します。たとえば「短冊」は色紙文と同じように和歌書く短冊を文様化したものです。季節的には夏から秋にかけて着用することが多いようです。「扇」は末広がりの形から別名「末広」ともいわれています。商売繁盛や子孫繁栄など、縁起の良い模様として有名です。「鼓」は祭や宴会の鳴り踊り楽しげな雰囲気をイメージさせます。鼓の文様は、「美しい音色が鳴る」という意味と「見事な実がなる」という意味にかけて、「豊作」を意味する吉祥文様として昔から好まれてきました。御所車や源氏車は言わずもがなでしょう。

まとめ

今回は簡単に吉祥文様、有職文様、四季や物に分けて古典柄をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。着物や振袖はただ着るだけでも楽しいですが、意味を知ったうえで着られるとさらに着物が楽しくなるでしょう。この着物の古典柄の意味が知りたいと思った方はぜび京都室町なないろやにおいでください。

振袖を着るときに知っておきたい着物の格

関連記事