1. HOME
  2. ブログ
  3. 着物の種類
  4. 訪問着はどんなお着物?特徴や着こなし方

訪問着はどんなお着物?特徴や着こなし方

訪問着というお着物をご存じでしょうか。訪問着は色留袖と似通っておりますので一般の方には判別が難しいかもしれません。また、このシーンではどのお着物を着用されるのがよいのかなど判断されるのも難しいのではないでしょうか。しかし、一度訪問着やほかのお着物の違いを押さえてしまえば応用は簡単になります。今回は訪問着の特徴、着る機会などに関しましてご紹介してまいります。

訪問着と色留袖の違い

訪問着と色留袖はどういった違いがあるのでしょうか。普段着物を着用されない方にとっては訪問着と色留袖の違いは区別がつきにくいものです。大正時代までは留袖が改まった場、それ以外では普段着で区別されていましたが、少し改まった場などの留袖や普段着では対応しにくい際に使われるようになったのが訪問着です。

簡単に見分ける方法としては、訪問着には全体に柄が施されており、対して色留袖は裾にしか柄がないということです。

訪問着 色留袖
訪問着 色留袖
着物の格 略礼装着(準礼装着)

幅広く着用可能

一つ紋付:準礼装

略礼装着(準礼装着)

五つ紋付:第一礼装

三つ紋付:幅広く使用

※基本的には色留袖の方が格が高い

特徴 柄が全体についている絵羽づけ模様(縫い目にまたがる模様)の着物 地色が黒以外の裾に模様が入っている着物
年代 全年齢可 全年齢可
色合い 淡いパステルカラー 濃い華やかな色
着用シーン 婚礼や重要な茶会 婚礼(未婚の姉妹や親族)

華やかなパーティーや初釜

基本的に色留袖の方が格が高いですが、訪問着は紋により格が上がるためさまざまなシーンで活用が可能です。そのため、一概に色留袖の方が格が高いとは言えません。このシーンで着物を着たいというように用途が決まっているのであればそのシーンに合わせてお着物をお選びになるとよいでしょう。

紋とは家柄を示すために入れる文様のこと。五つ紋、三つ紋、一つ紋があり、入れる数が多いほど格が高くなります。
五つ紋:背中中心と両胸、そして後ろ袖
三つ紋:背中の中心と後ろ袖
一つ紋:背中の中心

訪問着の特徴

訪問着の簡単な特徴は上記で紹介いたしましたが、ここからは訪問着に関してより詳しく説明していきます。訪問着はカジュアルなシーンからフォーマルで改まったシーンまで幅広く対応してくれるお着物です。デザイン的な特徴としましては縫い目に関わらず、肩から胸、袖にかけてまで一つの絵としてつながって見えるのが特徴です(絵羽模様)。模様をつなげるため、手間暇がかかり、ほかの付け下げなどの着物よりも格が高いといえるでしょう。描かれる柄は最近では古典柄だけでなく、モダンな洋花などの少し現代的な柄も増えてきました。

訪問着を着用する機会

訪問着の用途は様々です。披露宴や改まったパーティ、入学式や卒業式などの子どもの行事、同窓会など訪問着を着用する機会を知識として押さえておきましょう。また、その際の訪問着の着こなしなどもご紹介していきます。

フォーマルなシーン

結婚式や披露宴、改まったパーティなどに出席する場合にも訪問着は活用することが出来ます。着用されるのであれば少し豪華で華やかに見えるよう、大きめの柄や金銀などの刺繍が入ったものがおすすめです。お若い方は明るい色合いのものや少し原色に近いようなはっきりとしたお色味がお似合いになります。年齢を重ねた方であれば紺や薄紫等の落ち着いた色合いがおすすです。柄も落ち着いたものが合わせやすいため、古典柄もよいでしょう。

子どもが主役の行事

卒業式、入学式、七五三などお子様の晴れの日に付き添いで着物をお召しになる際には落ち着いて控えめな訪問着をおすすめいたします。お子様が主役ですので主張しすぎないような色合いや柄が好まれるでしょう。

少しだけ改まったシーン

同窓会やパーティ、観劇などのカジュアルではありますが、普段よりも少しだけ改まった場面では明るい色柄のもの、お好きな色をお選びになるのがよろしいかと存じます。TPOも重要にはなりますが、個性を出してもよい場のためお好きな小物を使用してお洒落をお楽しみくださいませ。

振袖を着るときに知っておきたい着物の格

まとめ

訪問着の特徴や着用シーンをご説明してきましたがいかがだったでしょうか。留袖よりも着用できる機会が多い分、活用されるのに迷ってしまうかもしれませんが、訪問着は基本を押さえてしまえば非常に使い勝手がよいものです。着用に備えて一着ご購入されてはいかがでしょうか。ご自身に合わせたお着物を着用されたい場合には京都室町なないろやまでぜひお越しくださいませ。

関連記事