1. HOME
  2. ブログ
  3. 振袖の豆知識
  4. 結婚式のお呼ばれ振袖のマナーや注意点【色合いや機会】

結婚式のお呼ばれ振袖のマナーや注意点【色合いや機会】

ご友人や親戚の結婚式や披露宴に招待された際、華やかな振袖で列席するのはいかがでしょうか。しかし、振袖は普段着ていない分、結婚式ではどのようなマナーがあるかわからないことも多いのではないでしょうか。今回は結婚式に振袖を着用されるかどうか、着用される場合に気を付けるマナーをお伝えしていきます。

振袖は結婚式で好まれる服装

振袖は未婚女性の第一礼装です。振袖の他にもお呼ばれで着られる着物には、三つ紋や一つ紋の色留袖、訪問着などがありますが、やはり振袖は華やかで素敵なものです。特に受付やスピーチなどゲストの中でも役割を依頼されている場合は「きちんとした装い」「場に合わせた華やかな装い」が必要なため、そういった意味でも振袖はぴったりの着物です。めでたい結婚式や披露宴に祝福の気持ちを表し、新郎新婦やご家族、ゲストにも礼を尽くしたい場合には、振袖を着てみてください。マナーを押さえておけば大丈夫です。

振袖が好まれる結婚式

振袖が好まれる結婚式は以下の二つがあります。

  • 新婦側のゲストとしての結婚式
  • 格式高い結婚式

結婚式に振袖を着てくれる品の良い友人が多いというのは、 新婦に対する新郎側の親族からの印象がアップします。また、格式の高い結婚式の場合には目上の方や親族の列席が多い可能性があります。その際は振袖を着ていかれると喜ばれるでしょう。神前式でしたら和婚ですので振袖がぴったりです。

振袖を避けるべき結婚式

逆に振袖を避けるべき結婚式もございます。

  • 新郎側のゲストとしての結婚式
  • 子供が多い結婚式
  • 海外風のカジュアルなパーティー
  • 更衣室がない結婚式場

あまり気にされない場合もございますが、独身であることが一目でわかる振袖姿は、新婦が抵抗を感じることもあるようです。男性側のゲストに女性がいること自体気にされる方もいるので、もしも新郎側として列席する場合は、 あまり目立って新婦に不快な思いをさせないよう控えめにしておくのがマナーです。

また、最近では結婚式も多様化しているため、カジュアルな結婚式では振袖は場にそぐわない場合もございます。さらに、振袖では動きづらいこともあり、子どもが多い場や更衣室がない場だと動きにくいことも考えられます。

振袖を着ていく場合には事前に着ていく側の配慮としてどんな結婚式なのか、着ていってもよい場なのかを確認しておきましょう。

結婚式で振袖を着る際のマナーと注意点

和式の結婚式をしている

振袖を着ていくことが決まったら、今度は振袖をお召しになる場合のマナーを押さえておきましょう。

花嫁より目立たないようにすることがマナー

結婚式や披露宴では花嫁が主役です。主役よりも目立たないように少し控えめを心がけてください。花嫁さんよりも豪華な装いや似たような柄を着てこないようにしましょう。花嫁さんが一般的に振袖をお召しになる際は赤や白のおめでたい色が多いですが、事前に花嫁さんに聞いておいたほうがよいでしょう。

振袖って何歳まで着られる?

振袖着用年齢に関してよくお問い合わせを頂くことがございます。振袖は、未婚女性の第一礼装ですので原則、未婚の女性なら何才でも着用することができます。しかし、「原則」というのが難しいですよね。着用されることは可能ですが、振袖の柄も華やかなものが多いため、実際に着用されるのは10~20代が無難と言えるでしょう。

結婚式での振袖の色合い

色合いは先ほども少し触れましたが、赤や白、黒がお祝いのお色味や黒留袖と被るため避けた方がよいお色味です。ただ、花嫁さんのドレスの色と被ってしまうこともあるので事前に花嫁さんに確認しておきましょう。

結婚式での袖の長さ

袖の長さも少し考慮しておきましょう。振袖の袖の長さには三種類がございます。

  • 小振袖:二尺(約75cm~85㎝)
  • 中振袖:二尺五寸尺(約95cm~100㎝)
  • 大振袖:三尺以上(約115cm)

袖が長くなるごとに一般的には格が高くなると覚えておくとよいでしょう。結婚式で着用される場合には中振袖か大振袖が多いです。しかし、花嫁さんが振袖を着用される場合には格を下げたほうがよいため、中振袖を着用されることをおすすめいたします。

髪型はシンプルなスタイルに

振袖が十分華やかなため、髪型はシンプルにしていくのがおすすめです。成人式とは違い、主役は花嫁さんなので基本的には抑えめでいきましょう。

アクセサリー類は基本つけないのがマナー

和服は基本的にアクセサリーをつけないことがマナーです。そのため、イヤリングやピアスは外していきましょう。結婚指輪や婚約指輪などはつけていても問題ございません。

結婚式のお呼ばれ振袖におすすめの柄

結婚式の振袖にはどんな柄がよいのでしょうか。簡単にいうと振袖はお祝いのお着物ですので基本的にはどの振袖でも悪くはありません。

古典柄の振袖

古典柄は古くから日本にある柄でお祝いの意味合いが込められています。なかでも、吉祥文様は「お祝いのしるし」「御めでたいしるし」です。鳳凰、雲どり、宝尽くしなど中国の縁起ものから伝来して日本に定着したものと、松竹梅、御所車、貝桶など日本の文化の中から派生して意匠化されたものとの大きく分けて二つあります。この文様はお祝い事にぴったりです。

桜や菊などの花柄もおすすめです。桜は散りやすいということで一部では縁起が悪いとされてきましたが、日本の国花で御めでたい席にも使用されるため、あまり気にせずお召しになるとよいでしょう。

色味を抑えた振袖

色味がありすぎると華美になってしまいますが、紺や藍色など落ち着いた色合いにすれば少し年を重ねても着用することができます。凛とした印象にもなるので少し大人っぽい印象を与えたいときにもよいでしょう。

まとめ

振袖を結婚式・披露宴で着ていく際に大事なことは花嫁さんと周りとの調和をとるということです。花嫁さんよりも目立つのはよくありませんが、お祝いの場にもっと華やかさを出すのにも振袖は有効的ですし、何よりもご自身が美しく見えますよね。マナーを押さえて臨めば振袖は結婚式にぴったりです。この記事を読んで素敵な結婚式にされてくださいね。

 

関連記事