1. HOME
  2. ブログ
  3. 振袖の豆知識
  4. 卒業式には振袖はおかしいの?袴と振袖の違いとは

卒業式には振袖はおかしいの?袴と振袖の違いとは

校舎と桜

成人式で買った振袖。卒業式でも着用したいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、卒業式と言えば袴を着用すると思われている方も多いのでは?今回は振袖と袴、どちらが卒業式に相応しいのか、またどのようなことに気を付ければいいのかなどをご紹介していきます。

卒業式に相応しい礼服は振袖?袴?

卒業式に相応しい服とは一体何でしょうか。卒業式の歴史から紐解いていきましょう。

卒業式の袴の歴史

最近では「卒業式といえば袴」と言われるほど、袴は卒業式の礼装として定着されています。それでは何故、袴がこれほどまでに定着しているのでしょうか。

袴というのは平安時代から存在しており、宮廷に仕えていた女性たちが十二単の一部として身につけていました。それから明治時代となって洋風文化が取り入れられるようになり、袴が女学生たちの制服として着られるようになったのです。そのため学問の場には袴という考え方が定着するようになり、機能性と優美さを兼ね備えた礼装として扱われるようになりました。卒業式に袴を選ぶのはこの名残だと言われています。

振袖・袴の格

袴と卒業式の関係性に関しては上記の通りです。そのため、振袖には格がありますが「格」を考えた時代には「卒業式=袴」という文化そのものがありません。卒業式に着る袴にはきものとしての明確な格はないのです。しかし、卒業式は華やかな晴れの日として考えられているので振袖を着る場には相応しいといえるでしょう。振袖と袴、どちらも卒業式の場ではぴったりの服装といえるでしょう。安心して振袖をお召しになってください。また、袴部分だけを購入し、持っている振袖を合わせるのもおすすめです。ご自身のお好みに合わせてお選びください。着物の格をもっと知りたいと思われる方は以下の記事も合わせてお読みください。

振袖を着るときに知っておきたい着物の格

卒業式で振袖を着る時に知っておきたい袖の長さ

卒業式で振袖・袴をお召しになる場合、気を付けたいのは袖の長さです。振袖で式典に出席しようと考えている方、振袖はすでに持っていて袴だけ購入しようと考えている方、今から袴を購入しようと考えている方、皆さんが知っておくと役に立つかと思われます。

振袖は小振袖と中振袖、大振袖(本振袖)の三種類に分類されます。振袖は袖の長さで格が決まり、長い方が格が高いとされています。例えばちょっとしたお呼ばれなどには小振袖、成人式や結婚式などの格式ある式典に出る場合は中・大振袖がふさわしい装いとされています。 結婚式では花嫁さんが大振袖を着ることもあるので中振袖がおすすめです。

  • 小振袖:二尺(約75cm~85㎝)
  • 中振袖:二尺五寸尺(約95cm~100㎝)
  • 大振袖:三尺以上(約115cm)

小振袖

小振袖はその長さから二尺袖とも呼ばれます。パーティーなどあまり堅くない場で着用されることが多く、ブーツとも気軽に合わせることができます。大振袖や中振袖に比べて袖が短いため、大人っぽさよりも可愛い印象になりやすいのが特徴です。

中振袖

もともと中振袖は小振袖よりもフォーマルな場で着用することが多かったため、可愛さだけでなく豪華さや大人っぽさがある振袖が揃っています。 また袖が小振袖よりも長いため、柄が入っている面積が増え、より豪華な印象を与えることができます。

大振袖

大振袖は未婚女性の第一礼装で、結婚式にも使われるほど格が高いです。小・中振袖よりも豪華ではありますが、袖が長いのでご着用の際はお気を付けください。

卒業式ではお食事を食べたり、動き回ったりすることも多いので小・中振袖が一般的です。大振袖も華やかで素敵ですが、汚れたりする場合もございますのでお召しになる際、ご購入の際はお気をつけくださいませ。

卒業式の足元はブーツと草履どちら?

卒業式は草履とブーツどちらもおすすめです。草履は足元をスッキリ見せるので、上品で古風な印象を与えます。鼻緒の柄や色でおしゃれができますし、歩幅を広くして歩けない着物にはピッタリの履物だと言えるでしょう。ブーツはかっこいい印象を与えてくれます。黒が一般的なのですらっとした足長効果も期待でき、いつも履いている靴のため安心感があります。しかし足首よりも少し長いくらいになるので履きづらく、紐を結ぶ手間もあるというデメリットがあります。草履を履き慣れていないと歩きにくいので会場内を移動したり、皆で外に出て写真を撮ることが予想されるのであればブーツがいいかもしれません。ご自分のお好きなほうをお選びください!

卒業式の振袖選びは楽しんで!

卒業式で振袖を選ばれる際には動きやすさや、ほかの友人との違い、ご自分の好み、TPOなどを考慮してお選びくださいね!また、そのままお手持ちの振袖をお召しになる場合でも小物や帯を変えるだけで全く違った印象にすることもできるため、「持っている振袖を着たいけど印象を成人式と変えたい」「袴だけ購入したい」という場合には京都室町なないろやまでご相談くださいませ。

袴の商品ページはこちら

関連記事