1. HOME
  2. ブログ
  3. 振袖の豆知識
  4. 「結納」や「顔合わせ」をする場合の振袖の選び方

「結納」や「顔合わせ」をする場合の振袖の選び方

和装結婚

結婚が決まったら結納や顔合わせが必要になってきます。結納や顔合わせの際に振袖をお召しになる方もいらっしゃるのではないでしょうか。未婚女性の第一礼装ということもあり、結納や顔合わせにぴったりのお着物といえるでしょう。今回は結納の際や顔合わせの際にお召しになる振袖の選び方やマナーをお伝えしていきます。

結納や顔合わせの服装は第一礼装の振袖で

振袖女性

結納や顔合わせの際に、振袖かそれ以外のワンピースなどをお召しになるか迷われるかもしれません。まずは結納や顔合わせの流れを確認して参りましょう。

結納・顔合わせの流れ

結納は「正式結納」と「略式結納」があり、どちらも結納品を交わします。正式結納は仲人が新郎新婦の家を行き来し、結納品を交わします。略式結納は両家が集まって結納品を交わします。顔合わせは結納よりもカジュアルで両家の顔合わせを兼ねた食事会のことです。最近は結納よりもカジュアルな顔合わせの方が主流にはなってきましたが、結納をされている方もいらっしゃいます。

結納・顔合わせは振袖でもそのほかの服でもどちらでも問題はございません。

結納品ってなにがあるの?結納の際、婿の代理人が嫁に挨拶にいきます。そのときに持参する結納品はお酒・肴(コンブ、するめ、塩鯛、串鮑・鰹節)・白生地・帯。白生地を持参する理由としてはお嫁さんに「これで花嫁衣裳を作ってきてくださいね」という意味合いだそうです。

今は正式な結納をすることも少なくなってきましたが、きちんとした儀式をするのも昔ながらでよいものがありますよね。

振袖とワンピースはどっちがいい?

未婚女性の第一礼装である振袖。ワンピースでの顔合わせでも構いませんが、格式高い結納の場面であれば振袖がぴったりです。また、結婚は自分たちだけでなく家の結びつきです。相手方に敬意を示すのに振袖はとてもよいものといえるでしょう。また、お相手のお家によりますが華やかな振袖で行けば喜ばれること間違いなしですね。ただ、ご自分が振袖をお召しになる場合、お相手の男性や家族にも振袖と同じ格のお召し物を着ていただかなくてはなりません。そのため、結納する場所や顔合わせの際のお食事する場などを事前に先方のご家族と話し合っておかれたほうがよいでしょう。

結納や顔合わせの際のご家族の服装

結納する男性の服装

男性礼装

男性は黒のスーツと無地のシャツが一般的です。女性の服装に合わせる必要はありませんが、女性が振袖であれば紋付き袴などの和装も素敵です。写真などを撮影する場合は和装にして記録しておくのもよいかもしれません。

婚約されるお二人のご両親・ご家族の服装

結納・顔合わせ

結婚式でもそうであるように、婚約されるお二人よりも派手にならないことが重要です。また、婚約されるお二人が振袖とスーツであるならば同じくらいの格式で合わせるのが一般的です。そのため、あまりカジュアルすぎるのもよくありません。

お父様は黒やダークカラーのスーツ、ネクタイは白かシルバーがおすすめです。結婚式と同じようなスタイルとお考えいただければいいかと存じます。お母様は、お嬢様が振袖であれば、それに合わせて礼装の着物にするとよいでしょう。お二人の兄弟・姉妹もそれに準じた服装がよいでしょう。男性であればスーツ、女性であれば主役に合わせて和服かワンピースにするのがおすすめです。どのお着物を選べばいいのかがわからない場合は以下の記事をお読みください。

またそれでもわからない場合には京都室町なないろやまでご相談くださいませ。

結納・顔合わせの際の振袖の選び方

振袖姿の女性

振袖を元々持っていらっしゃる方はその振袖をお召しになっても問題ございません。振袖がある場合には改めて手配する手間はありませんが、振袖をお召しになるための小物まで揃っているかを確認しておいてくださいね。しかし、レンタルする場合、購入する場合はどんな振袖をお選びになるのかを説明していきます。

お色

お色味はやはり晴れの日ですので、黒などの喪服をイメージさせるものではなく、華やかな色合いがおすすめです。しかし、黒であっても全体的に柄が入っていて華やかなものであれば問題ございません。

振袖はもともと晴れの日のお着物ですので柄はおめでたいものが多く入っています。そのため、あまり柄を気をつけて選ぶ必要はございません。ただ、身長が低い方は柄が大きいものであるとごちゃごちゃして見えやすいため、小さい柄のものがすっきりしていておすすめです。逆に、身長が高い方は大きいものが映えて美しく見えるでしょう。

年代別

最近は20代前半で結婚されるよりも20代後半や30代、40代で結婚される方も多くいらっしゃいます。その際には二十歳の成人式でお召しになっていた振袖はもしかしたら合わなくなっているかもしれません。

20代前半のころになかった大人の落ち着きや美しさを身につけられた後では、桃色や橙色などの若々しいお色味よりも別のお色味や柄が似合われる場合がございます。そのため、二十歳の成人式でお召しになった振袖をそのままお召しになる場合や、もう一度似たようなものをレンタル・購入しようとご検討中の方は一度お考え下さいませ。また、「この年で振袖は…」と迷われている方は振袖に負けない素敵なお着物がございますのでご相談いただければ幸いです。

結納・顔合わせの振袖ヘアメイク

まとめ髪

結納や顔合わせの際のヘアメイクはシンプルにするのがおすすめです。成人式の際は華やかさが重視されていましたが、結納はお相手のお家の方と顔を合わせたり、お食事をとったりするなど格式や長時間の拘束がございます。

そのため、崩れないようなシンプルな髪型とメイクのほうが後で崩れることもなく、お食事などをとるのも簡単になります。お着物のふるまいに普段から慣れている方でいらっしゃれば振袖もご負担になりませんが、普段は洋服をお召しになっている方だと振袖を汚さないようにするだけで気疲れをしてしまいます。そのため、髪型やメイクはあまり気にしなくてもよいくらいにしておくことをおすすめします。

髪型

髪型は上記でお話しした通りシンプルにまとめておくのをおすすめします。結納や顔合わせですとお辞儀などをすることが多いので、髪が落ちてこないようにしっかりと固めてアップスタイルにするとよいでしょう。また、お相手のお家の方に初めてお会いすることもあるので清楚で上品な髪型のほうが好感が持たれるでしょう。

メイク

振袖などお着物の際のメイクは「のっぺり」としたものがおすすめです。普段のメイクは立体感を出すことがよいとされていますが、振袖の際はあまり立体感を出すとよくありません。セミマットかマットなベースにし、アイラインをひいて、強めの口紅を塗るのがポイントです。イメージはお人形(日本の)です。あまりチークを塗りすぎると振袖と合わないこともあるので上品につけてくださいね。髪型もメイクも美容院でお願いをするのなら「結納です」と事前にお話しされておけば素敵に仕上げてくださるでしょう。

結納の服装を選ぶときに気を付けること

振袖女性

ここまで振袖のことについてご説明してきましたが、注意点があります。

動きにくい

振袖にした場合、普段からお着物をお召しになっている方であれば問題ございませんが、動きにくいというデメリットがございます。座ったり、立ったりなどの動作やお食事する際など気を抜けないことが多いです。そのため、振袖をお召しになる場合はご一考くださいませ。

ワンピースよりもお金がかかる

振袖は購入する場合、レンタルする場合どちらもお金がかかります。また、ヘアセット、メイク、着付けなどワンピースよりもご支度に時間とお金両方がかかるため遠方に結納にお出かけになる際はご自分で着ることのできるワンピースが良い場合もございます。

ふるまいに気を付ける

振袖でのスマートに見える振り舞い方は洋服とは異なります。そのため、振袖をお召しになる際のマナーはしっかり頭の中に入れておくことが必要になるでしょう。先方のお母様がお着物を普段からお召しになっているのあれば、振袖初心者であることがばれてしまいます。そのため、スムーズな立ち居振る舞いができるよう気を付けておいてくださいね。

まとめ

ここまで結納や顔合わせの際に振袖をお召しになることに関してお話ししてきましたが、いかがだったでしょうか。ワンピースも素敵ではございますが格式高い結納や顔合わせであるならば振袖をお召しになるのも華やかでよいもの。振袖をお召しになる際にはぜひ京都室町なないろやまでご連絡くださいませ。

関連記事