1. HOME
  2. ブログ
  3. 振袖の豆知識
  4. ママ振袖って何?購入やレンタルとの違い

ママ振袖って何?購入やレンタルとの違い

振袖を着た女性

最近人気のママ振袖。新しいものだけを追い求めるのではなく、自分らしさを表現したい、親の振袖を恩返しに着てあげたいなど、様々な理由でレンタルや購入ではなく、ママ振袖を選択する方も増えてきています。しかし、ママ振袖とは一体何なのでしょうか。今回はそのママ振袖の説明とママ振袖をする際に気を付けるべきことをお伝えしてまいります。

ママ振袖とは?

ママ振袖とはお嬢様が成人式の振袖を選ばれる際に新しく購入したり、振袖をレンタルするのではなく、お母さまがもともと成人式でお召しになった振袖を着るということです。
「ママの振袖」から「ママ振り」「ママ振袖」と呼ばれています。

ママ振袖の人気の理由

ママと振袖を着た娘

ママ振袖はなぜ人気になっているのでしょうか。理由には大きく分けて以下の3つがあります。

  • ・レンタルするよりも安価で済む
  • ・持っている振袖なので安心
  • ・古典柄が人気になっている

下記で詳しく説明してまいりましょう。

・同じものをレンタルするよりも安価で済む

ママ振袖はもともと昔のお着物ですので、よりよく高級なものが現存していることが多いです。そのため、購入したりレンタルするよりも安く済むことの方が多いのです。料金を比較してみますと着物にもよりますが以下のようなお値段になります。

  • ママ振袖の料金  :11万~14万円
  • 振袖レンタルの料金:20万円前後
  • 振袖購入の料金  :40~100万円

小物、着付代やヘアメイク代、前撮りを入れたとしても10万円いかないことがほとんどです。お母様とお嬢さんの体格差が違った場合やお着物が汚れていた場合に染み抜きなどのクリーニング代やサイズのお直し代は多少かかることもございますが、もともとが良いお着物ですので長く着続けるためのお手入れとして考えてもいいのではないでしょうか。

・持っている振袖なので安心

2018年に「はれのひ」事件が起きたこともあり、手元にお着物があることで安心すると振袖を購入される方も増えてきました。ママ振袖であれば、家にあるお着物ですのでなくなることを心配する必要もありません。安心して成人式当日を迎えられますね!

・古典柄が人気になっている

派手な現代柄やレトロモダンな柄が人気ではありますが、ずっと絶えない魅力があるのが古典柄です。一時期現代の柄に押されてはいましたが古き良き古典柄に注目が集まり、また人気が高くなってきています。もともとおめでたい柄が詰まった古典柄ですので成人式にもぴったりです。古典柄が人気なこともあり、ママ振袖を着てみたい!と思われるお嬢様が多いのではないでしょうか。また、周りの友達と被らないのでそれもママ振袖に注目が集まっている理由でしょう。ご自分のお持ちの柄の意味合いが知りたい!という方はこちらの記事をお読みくださいませ。

ママ振袖をアレンジするなら何が必要?

振袖姿の女性

ママ振袖をお召しになる場合、帯や小物も一緒では古臭い雰囲気になってしまいがちです。そのため、ママ振袖をお召しになるのであれば帯や小物などは現代風にアレンジしてしまいましょう。ここではママ振袖のアレンジ方法をご紹介いたします。

帯を変える

帯が見える振袖姿の女性

帯を少し現代風に変えるだけで振袖の雰囲気も変わります。振袖のイメージは大事にしながらもお嬢様がお好きなお色味やなりたいイメージに合わせて帯を変えてみるとよいでしょう。

小物類を変える

振袖の小物

帯を変えると同時に帯揚げや帯締めも一緒に変えてはいかがでしょうか。帯締めも最近は変化があり、可愛らしいものやビーズやベルトなど少し現代的な素材が使われていることがあります。古典柄の振袖と合わせることにより、程よい垢ぬけ感をだすことができるでしょう。最近では半衿や伊達衿を変えることもできますので、ご自分のお好きな差し色を入れてみましょう。刺繍やレース、フリルがついているもの様々ございますのでご自分の表現したい世界観を再現できるでしょう。

バッグ・草履を変える

振袖小物

バッグや草履を変えることもおすすめです。バッグは昔のものと今とでサイズや形が大分変化してきています。成人式に行かれる際にはスマートフォンや財布、リップ、カメラなど様々なものがご入用になるでしょう。その際に昔の小さな鞄では賄いきれません。最近のバッグは大きめのつくりになっているので好きなものを入れることが可能です。

また、エナメルのバッグや草履は現代風の帯締めなどとセットで使用すると統一感がでます。

ママ振袖を着るなら…

ママ振袖のおすすめのポイントとお召しになる際のアレンジ方法をお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか。小物や帯はママ振袖と合わせてぴったりなものを選びたいもの。そのためには古典柄に合う小物を選んでいく必要があります。京都室町なないろやでは振袖の購入だけでなくママ振袖にも対応しております。ご自分のお召しになりたい振袖をお持ちいただければお好みにあわせてぴったりのコーディネートをさせていただきます。

ママ振袖をお考えの際には是非、京都室町なないろやまでお越しくださいませ。

関連記事