1. HOME
  2. 古典柄つれづれ
  3. 御所車への思い

御所車への思い

古典柄の振袖の柄で代表的なものに御所車があります。優雅で豪華な文様は振袖をとっても華やかにしますよね。御所車は平安時代に高貴な身分に貴族の方たちが宮中に出入りするのに乗った車で主に牛に引かせていたそうです。振袖は結婚前の娘が幸せになるようにとの願いが込められているので、基本的にひとつひとつに意味があります豪華な貴族の車にあやかって、娘が玉の輿にのれますようにとか、嫁ぎ先で不自由ない裕福な暮らしができますようにとの願いが込められているようです。