HOME | 古典柄の魅力 | 古典柄の文様 | 古典柄の文様-桜

古典柄の文様

 

文様とは調度品、器物、衣服などに描かれた図柄のことをいいます。着物の場合は主に友禅染などによって着物の表地に描かれます。文様には色々な思いや願いがこめられています。その意味などを知ると着物を着たときの思いはいっそう、深くなるでしょう。

桜(さくら)

古典柄-桜
 
桜は日本を代表する花であり、着物、特に振袖の古典柄にあたってはこれほど多用されている文様もないでしょう。春のおとずれとともに咲き、また一瞬にして散るところが、はかなさや潔さなどの日本人の美意識につながってると言っても過言ではないでしょう。文様の種類もしだれ桜、八重桜、花びらを散らしたものなど多岐にわたります。
古典柄の振袖-桜
古典柄-桜