なないろやのこだわり


「京都室町」というブランド

近年、呉服業界の中で逸品ものと呼ばれるクラスの商品は、京都への一極集中の傾向があります。
地方の小売店の衰退、大量生産品へのシフトなど様々な原因が有りますが、しっかりした古典柄の商品ほど絶対数が少ないので京都を出ていきにくくなり、どこで買っても同じという時代はすでに昔の話になりました。
地元の小売店や百貨店の呉服売場床面積や品揃えの縮小など、10年前、20年前と比較すれば一目瞭然ではないでしょうか。良い商品をお求めになられるには京都室町で商品を探されるのが、一番の近道です。


「呉服の本場」としての誇りと責任

京都室町は呉服の問屋の町。長い年月を経ていく中で信頼を積み重ねてきました。 
近年になって、チェーン展開している会社が海外に大量生産品の自社工場を持ったりして、呉服の流通も昔とずいぶん変わってきました。この時代だからこそ、本当に良い商品をお安くご提供させて頂くことが、京都室町に店舗を構える企業の使命と考えております。
「室町で買えば間違いない」そうおっしゃり続けて頂く為にも、弊社は企業努力し続けて参ります。

 
「古典柄」の伝統を守り、後世に伝える

晴れの日にお召しになる大切な衣裳。 いにしえより人々は様々な思いを衣裳にたくしました。束ね熨斗、桜、松竹梅、宝尽くしなど、晴れの日の着物には祝福の心が散りばめられています。
また、季節の移り変わりがはっきりした日本ならではの四季の情緒が柄ひとつひとつに描かれています。古典柄のお着物を目にしたときに、ほっとする安心感に包まれるのには理由があるのではないでしょうか。
長い年月を経て受け継がれれてきた古典柄を後世に伝えていきたいと、思っています。


問屋のショールーム

問屋というと、どんなイメージを浮かべられるでしょうか。百貨店や経費をかけた豪華な展示ホールなどと比べますと、小規模で経費を掛けないショールームなので、ご来店されたら思っておられるイメージと違うもしれません。それだけご容赦頂けましたら、ここでは染め上がりや織り上がりの新しい商品を問屋ならではの品数で存分にご覧頂けます。
展示会場によくいらっしゃる販売員などもいませんので、お気軽にたくさんお顔映りを試して下さい。お気に入りの商品が見つかるまで、精一杯お手伝いさせて頂きます。


現在、市場に多く流通している大量生産品でなく、伝統の技法で作られた作品の数々。職人の魂と息吹が感じられる逸品揃いです。

流通を省き、染め元、織り元より直接商品を仕入れています。また広告費を一切かけずに、徹底的に経費を省く事により、他店では真似のできない低価格を実現しました。

京都室町の問屋ならではの圧倒的な品揃え。
小売店数軒分の品数を一ヶ所でお見比べできます。

お客様それぞれの色柄のこだわり、コーディネイトのご希望を尊重して100%ご満足頂けるまで、お手伝いさせて頂きます。

なないろやでは、お越し頂いたお客様に感謝の気持ちを持って出会いを大切にしております。
お客様に喜んで頂ける事が、私共にとっての喜びでもあります。ご要望がございましたら、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ
資料請求
来店ご予約