1. HOME
  2. 古典柄の文様-桐(きり)-
古典柄-桐

 桐は初夏に紫色の花を咲かせます。文様や紋柄としての桐は意匠化されているので、実際の姿をイメージするのは難しいかもしれません。古来では桐の木に鳳凰が棲むと言われ、また実を落とさずに次の蕾をつけることから縁起物とされて、豊臣秀吉が”太閤桐”として使用するまで皇室ゆかりの紋とされてきました。現代でも日本国政府の紋章として使われています。振袖の文様としては、格調の高さと縁起物の象徴として使われるようです。

古典柄の振袖-桐
古典柄-桐