1. HOME
  2. 古典柄の文様-金嚢(きんのう)-

古典柄の文様-金嚢(きんのう)-

文様とは調度品、器物、衣服などに描かれた図柄のことをいいます。着物の場合は主に友禅染などによって着物の表地に描かれます。文様には色々な思いや願いがこめられています。その意味などを知ると着物を着たときの思いはいっそう、深くなるでしょう。

金嚢

金嚢はお宮参りの男の子のお祝い着でよく使われる文様です。火打ち袋や金、香などをいれる袋物で、富を生むとされています。花柳春話という別名では「福袋=福労」と呼ばれ、積み重ねた苦労も福を成す、という意味合いもございます。いろんな金嚢の模様があり、一つの袋だけでなく二つ、三つの袋の場合もあり、様々な絵柄をみるのも楽しいものです。