1. HOME
  2. 振袖は購入とレンタルどちらがいい?

一昔前は成人式を迎えるお嬢様がいらっしゃるお家は振袖をお誂えで購入するのが普通でした。最近はレンタルのお店も多くあり、購入したほうがいいのか、レンタルしたほうがいいのか、迷っておられる方も多いと思います。当店ではレンタルの取り扱いはなく、購入のみになります。レンタルもお誂えもそれぞれメリット、デメリットあると思いますがどちらがいいのか考えてみましょう。

レンタルと購入の価格の違い

レンタルの価格はお店や商品にもよって、幾分違いはありますが、近年の平均価格は20万円台後半くらいから30万円ちょっとといったところでしょうか。見に行かれて結構思ったより高かった。また少々高くても品質がよければいいのですが、平均価格帯のものは大量生産の機械でつくる振袖がほとんどなので、ちょっといいものを見ると購入とかわらない金額になったりします。何故、高くなるのかはパンフレットや広告費、お店のテナントやまた付随するサービスに結構予算を使っています。購入の場合はこちらもお店によって違いますが百貨店で一式揃えるとやはり100万円以上かかったりします。チェーン店さんの振袖はそこまで高くないですが、広告費 などの兼ね合いで、実際、価格に品質がともなってない場合が多いです。考えだすと難しいですね。”なないろや”では経費をかけずに良いお品を少しでもお安くご覧頂けるようにしています。フルセット価格で20万円台から50万円台までで、中心価格帯は40万円台から50万円前後となっています。  

購入したら着る機会は何回ある?

振袖は成人式のためだけのものではありません。振袖は本来、結婚するまでの未婚女性の第一礼装ですので着る機会はたくさんあります。まず、成人式に振袖で出席することは大人になるための一区切りとして大切な式典です。学生さんでしたらそのあと、卒業式に袴とあわせて着用します。そのあとは就職してから、お友達の結婚式にご招待されたときに是非、振袖でいかれることをおすすめします。会場も華やかになりとても喜んで頂けます。最後はご自身の結婚式のお色直しにご着用される方が多いです。レンタルは返してしまえばそれっきりですが、大事にして何回も着ていただければ値打ちがでてきます。

着物を着る機会の記事に詳しく記載しているのでご確認くださいね。

寸法の問題とご兼用のこと

おあつらえ(ご自身の寸法にお仕立てすること)のいいところはご自身の寸法にぴったり出来上がってくることです。標準体型ならいいのですが、背が高い、また小柄な方、あと手の長さや、細身の方、ふくよかな方、身体のサイズはみなさんそれぞれです。フリーサイズでよく確認しないでレンタルして当日とても短かったとかよくお聞きします。寸法通りお仕立てしてレンタルできるオーダーレンタルというのもありますが、購入と変わらない金額になったりします。お写真を撮るのにもサイズがあってないと綺麗な撮影はできません。あと、女の子がお二人以上いらっしゃるお家はそれぞれレンタルしたらもったいないので、兼用されたほうが絶対お得です。体型が極端に違わなければ、兼用寸法をお出ししますので、ご相談ください。

保管やお手入れのこと

振袖を購入してもお手入れや保管のことが心配!…と思っていらっしゃる方、大丈夫です。ご安心下さい。今は優れたガード加工を施しますので、汚れはつきにくくなっています。うっかりジュースなどこぼしてしまっても、はじきますので大事にはなりません。もし汚してシミになってしまってもご購入頂いた振袖、長襦袢は何回でも染み抜きやクリーニングは無料で承っていますのでご安心下さい。保管も、着物用の防虫剤をいれておくくらいで、特にご面倒ではありません。

振袖と長襦袢のたたみ方なども紹介しておりますので確認してみてくださいね。